鎌倉史跡・寺社データベース |  データベース |  寺院編 |  神社編 |  史跡編 |  その他 | 

 

大巧寺

097

だいきょうじ


  鎌倉駅から若宮大路に向って歩くと突き当たりにある、島森書店と鎌倉生涯学習センターに挟まれた小さな寺は大巧寺である。正式には長慶山正覚院大巧寺。もと日蓮宗で妙本寺の院家(いんげ、子院のこと)、現在は単立寺院である。開山は日澄、本尊は産女霊神(うぶめれいじん)。寺史の詳細は不明だが、寺伝や『新編鎌倉志』、『新編相模国風土記稿』によると、もと十二所(梶原屋敷)にあり、真言宗の寺で、大行寺と号した。その後、頼朝がこの寺で軍評定(いくさひょうじょう)をしたところ大勝したので「大巧寺」としたという。いつ現在地に移ったのかなども不明。
 天文十六年(1547)、北条氏康が一貫二〇〇文分を寄進、天正十九年(1591)十一月、徳川家康が七貫二〇〇文分を寄進している。
 大巧寺は「おんめさま」の通称で知られる安産祈願の寺であるが、これには次のような由来がある。昔、この寺の第五世日棟上人が比企ヶ谷の祖師堂(妙本寺)に行く際、夷堂橋で難産で死んだ女(秋山勘解由の妻)の幽霊に会い、その供養をする。女の幽霊は大変感謝し、上人に謝礼として金を渡し、塔をたててこれ以後、難産で苦しむ女性を救ってほしいと頼む。上人は約束し、産女宝塔をたてて、女を祀る。これが当寺が安産祈願の寺となった起こりといわれている(『新編鎌倉志』、『新編相模国風土記稿』等。『市史』によれば現在、この産女宝塔をはじめ寺宝は妙本寺にあるという。



本堂

撮影日:2009年11月28日
(一部2004年6月6日)

鎌倉市小町1丁目
(鎌倉郡小町村)


山門

山門から駅方面

境内

境内

境内

境内

本堂

本堂

小町小路に面した入り口

本堂

本堂


関連ページ


111 妙本寺
133 夷堂橋

 
参考文献

『鎌倉市史』社寺編、吉川弘文館、1954年
『新編鎌倉志・鎌倉攬勝考』、雄山閣、1958年
『かまくら子ども風土記(改訂十版)』、鎌倉市教育委員会、1991年
蘆田伊人編『新編相模国風土記稿』(第2版)、雄山閣出版、1998年
『鎌倉の寺 小事典』、かまくら春秋社、2001年
(ジャパンナレッジ版)『日本歴史地名大系』、平凡社

LOG DATA
2010/11/08 UP
2011/01/08 リンク改修(夷堂橋)
2011/12/09 デザイン改修

鎌倉史跡・寺社データベース |  データベース |  寺院編 |  神社編 |  史跡編 |  その他 |