鎌倉史跡・寺社データベース |  データベース |  寺院編 |  神社編 |  史跡編 |  その他 | 

 

妙法寺
(山崎)

110

みょうほうじ
(やまざき)


 湘南モノレール富士見町駅から南へ進み、「天神下」の交差点で西へ入っていくと貨物線の踏切の手前に山崎の妙法寺がある。山号は宝珠山。開山は日宝(にっぽう)。以前は耀光院(ようこういん)と称し、山梨県にあった寺であったが、関東大震災で焼失し、廃寺になった。その後、昭和3年(1928)に有志の力によってここ山崎の地に再建された。本尊は曼荼羅。ほかに日蓮像や鬼子母神像がある。


山崎の妙法寺

撮影日:2012年2月3日

鎌倉市山崎663
(鎌倉郡山崎村)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



関連ページ



位置


より大きな地図で 鎌倉史跡・寺社データベース を表示

 
参考文献

・『鎌倉の寺 小事典』(かまくら春秋社、2001年)


2012/09/02 UP

Copyright (c) Author All rights reserved.