鎌倉史跡・寺社データベース

 

正伝院(円覚寺塔頭)

011

しょうでんいん


 円覚寺二十四世、明巌正因の塔所。もとは万寿寺という寺のなかにあったが、文和三年(1354)に円覚寺内へと移された。万寿寺は現在は廃寺である。『新編相模国風土記稿』によると天保年間(1830〜44)以後は無住で仏日庵持ちであったという。


正伝院

撮影日:2009年12月17日

鎌倉市山ノ内
(鎌倉郡山之内村)



関連ページ


 1 円覚寺

位置


より大きな地図で 鎌倉史跡・寺社データベース を表示

 
参考文献

『鎌倉市史』社寺編、吉川弘文館、1954年
『鎌倉の寺 小事典』、かまくら春秋社、2001年
(ジャパンナレッジ版)『日本歴史地名大系』、平凡社

LOG DATA
2011/06/03 UP

鎌倉史跡・寺社データベース

Copyright (c) Author All rights reserved.