鎌倉史跡・寺社データベース

 

本龍寺

106

ほんりゅうじ


 江ノ島電鉄の腰越駅から北側へ神戸川(ごうどがわ)に沿って行く本龍寺がある。日蓮宗で山号は竜口山。開山は日行。開山が同じ法源寺とは兄弟寺。創建は乾元元年(1302)と伝える。当初の山号は与蓮山(よれんざん)といったが、輪番寺になったので竜口山と改めたという。本尊は大曼荼羅、他に鬼子母神、雨乞い日蓮像、大黒天などがある。境内はもと比企高家の屋敷があった場所だという。比企高家は鎌倉時代の重臣で比企の乱で死んだ比企能員(ひきよしかず)の子、比企能本(ひきよしもと)の一族だといわれる。


境内

撮影日:2011年5月14日

鎌倉市腰越2丁目
(鎌倉郡腰越村)



関連ページ


89 勧行寺
100 東漸寺
102 法源寺
105 本成寺
108 妙典寺
3-1 竜口寺(藤沢市)

位置


より大きな地図で 鎌倉史跡・寺社データベース を表示

 
参考文献

『鎌倉の寺 小事典』、かまくら春秋社、2001年

LOG DATA
2011/06/18 UP

鎌倉史跡・寺社データベース

Copyright (c) Author All rights reserved.